パッケージ商品 MOS -maruu original style-

ZEH・省エネ住宅の建築をトータルサポート。

ワンストップパッケージ(計算・構造材・建材)で平成28年省エネ基準をクリアします。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは
外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅。
ZEHの要件
以下の1.~4.のすべてに適合した住宅。
  1. 強化外皮基準(例:東京6地域 UA値≦0.6[W/㎡k])
  2. 基準一次エネルギー消費量から 20%以上の一次エネルギー消費量削減
  3. 再生可能エネルギー導入(例:太陽光発電)
  4. 上記1~3により基準一次エネルギー消費量から100%削減

丸宇住宅資材は、ZEH要件1.である平成28年省エネ基準をクリアする計算と商品をパッケージ化いたしました。

MOS -maruu original style-

パッケージ内容

構造設計・外皮計算

2階建て木造住宅も許容応力度計算を用いて構造の安定を確保します。耐力壁にはハイベストウッドを採用し、筋違と併用します。通気工法を基本とするMOSはハイベストウッドの優れた透湿性で結露を防ぎ住宅の耐久性を強めています。

外皮熱貫流率0.6W/㎡K以下を基準とし、外皮計算によって確かめますが、MOS仕様はこの基準をクリアー出来ます。
また、一次エネルギー消費量の計算も行います。

ハイベストウッド

ハイベストウッド

土台・柱、横架材を構造用ハイベストウッドで一体化し、構造用合板などを利用して剛床とすることで、全体を一つの箱にし、壁面全体で外力を受け止め、優れた耐震・耐風性能が得られます。
さらに、透湿抵抗が低く、湿気を屋外に排出しやすい材料です。
〔透湿抵抗 2.0 (㎡hmmHg/g)〕

    メーカーサイトへ

構造材

MOSには無垢と集成材の2通りの仕様を設けています。
国産材を中心に利用する無垢仕様は、国産材利用促進とCO2削減に貢献しています。更に合法証明制度による持続可能な木材利用を実現しています。価格の競争力にも対応できる商品の紹介も可能です。

集成材仕様は、形状の安定化と性能の均一化に優れ、金物工法に最も適した材料です。間口の広い物件にも適しています。強度表示がしっかりしているので構造計算の信憑性も高いです。
この2通りの仕様により幅広いニーズに対応できるように致しました。

ご希望により、木材アドバイザーによるアドバイスもいたします。     木材アドバイザーについて

構造材
構造材
構造材

断熱材

MOSはゼロエネ対応を視野に断熱材を考えています。その為には外皮性能の強化が重要になります。
MOSは、床断熱材に構造に合わせたジャストカット可能なミラフォームラムダを、壁と天井(屋根)には施工ムラの少ないアクアフォームを採用しました。サッシは熱伝導率が低い樹脂サッシとLow-Eトリプルガラスを取り入れました。

ミラフォームラムダ

ミラフォームラムダ

「ミラフォームΛ(ラムダ)はJSPがこれまで培ったプラスチック発泡技術を駆使して開発した高性能・新次世代型断熱材です。

〔熱伝導率 0.022W/m・K(23℃)〕

「ミラフォーム」に特殊技術を加えることで、今まで押出法ポリスチレンフォームでは限界とされていた断熱性能をさらにレベルアップ。住宅の高性能化が推進される中、画期的断熱材として期待が寄せられています。

    メーカーサイトへ

アクアフォーム

アクアフォーム

アクアフォームは無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、 他の断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。

〔熱伝導率 0.0364W/mK (JISA1480)〕

自己接着能力によって強力に接着するので、長期間に亘って優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。

    メーカーサイトへ

樹脂サッシ(APW330)+ Low-Eトリプルガラス

樹脂サッシ(APW330)+
Low-Eトリプルガラス

国内最高基準の断熱性を誇り、高い省エネ効果を発揮。エコ住宅との相性もバツグンです。

〔熱還流率 0.99W/㎡・K (16513サイズ)〕

樹脂と複層ガラスにより、最高レベルの断熱性を実現した新発想の窓です。熱の出入りを抑え、夏も冬もいつも快適。新技術によりフレーム強度を向上させ、スリム化も実現しました。

    メーカーサイトへ

MOSに関するお問い合わせ

千葉営業所 第三営業部

〒261-0002  千葉県千葉市美浜区新港88
TEL:043-301-8101  FAX:043-301-8818

MOS

本社・第一営業部・第三営業部

〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港88

TEL:043-301-8101
FAX:043-301-8818
プレカット専用FAX:043-301-7066

第二営業部・成田物流センター

〒287-0204 千葉県成田市伊能567

TEL:0476-73-7825 
FAX:0476-73-7827

袖ヶ浦物流センター

〒299-0212 
千葉県袖ケ浦市三箇字堰下 13-1

丸宇木材市売株式会社